読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと星景写真の日々

星景写真をメインに旅先や離島での写真なども紹介。時たま購入機材の紹介も

【天体撮影】 天体撮影地スポット紹介 ~撮影に出たら随時更新~ in 長野編

天体写真

2013年に天体撮影を初めて今年で3年目になります、天体撮影で巡った箇所は20カ所以上ということで関東近辺の天体撮影スポットを写真と共に紹介していきたいと思います。

第一弾として長野県の天体撮影スポットを紹介。もちろんその県に撮影に出掛けたら随時更新していきたいと思っています。

 

長野県天体撮影スポット

美ヶ原高原

八ヶ岳中信原国定公園内部にある高原の一つで、奥深い山の中にあります。

町からも遠く離れた場所にあるため、光害の影響が少なく真っ暗な夜空が広がっています。

撮影場所は頂上の駐車場から徒歩20分の場所で、近くに「美しの塔」が立っている場所が広場みたいになっていますのでそちらで天体観測を楽しむ事が出来ます。

しかし、この場所はトイレ等はないのが難点です…。

また、寝転べるほどのベンチがありますので寝転びながら天体観測する事ができます。

万が一天候が急変した場合は「美しの塔」内部に入ることも出来ますので避難する事も可能です。

僕としては、訪れる季節としたら標高が高い高原なので涼しく楽しめる夏が一番だと思っています。

昼間は高原を散策して、夜は天体観測•撮影のパターンがオススメですね。

ただ、夜は夏場でも気温が10度を下回る時もあるので寒さ対策はしっかりしないと酷い目にあいます。(当時寒さ対策してなくて酷い目にありました。)

後注意して欲しいのが天候です。美ヶ原高原は霧が発生しやすいので地上は晴れていてもいざ到着すると霧の中というパターンが多々あります。なので、天気予報で快晴で湿度が低い日を選ばないと星が見れないことが多々あります。

 

美ヶ原高原で撮影した写真

f:id:Starryheavens:20161023112919j:plain

 

f:id:Starryheavens:20161023112804j:plain

関連記事:

blog.livedoor.jp

 

 

白駒池

長野県麦草峠の近辺にある白駒池は、紅葉の時期に多くの人が訪れます。

天体撮影としても山奥のため暗い星空を見る事が出来ます。

オススメの時期としてはやはり9月後半の紅葉の時期で、晴れたら星×紅葉の組み合わせで撮影出来る贅沢な場所となっています。

ちなみに行動としては昼間は紅葉狩りで夜に天体撮影というパターンがいいです。ただ、秋の休日シーズンは混みますのでテント泊や山荘の泊まり掛けがいいと思われます。(深夜2時でも駐車場の8割は埋まっている…。昼間は駐車場に入れるため何時間も待たないといけない…)

天体観測としては周りが木々に覆われているため不向きではあります。なので、少し登山して、高見石小屋という山小屋に泊まった方がいいです。

山頂は開けていて白駒池も見下ろせます。しかし、岩場なので夜足場が非常に悪いので気をつけてください。

f:id:Starryheavens:20161108225420j:plain

時期が合えば上記のように紅葉と天の川という贅沢な構図で撮影できます。

ちなみに、紅葉の部分は別の撮影者がライトを当てていたため写っています。実際だと月明かりが無い限りは、真っ暗なままです。

ライトを使うときは、周りの撮影者に気をつけないとトラブルの元になるので注意です。

blog.livedoor.jp

 

伊那市 勝間薬師堂のしだれ桜 

桜で有名な高遠城址公園からそう遠くない所にある勝間薬師堂のしだれ桜

伊那市は天の川が肉眼で見えるほどの暗い空ですので天気と月齢更に開花時期が合えばしだれ桜×天の川の素晴らしい構図が狙えるポイントとして有名です。

 

勝間薬師堂の近くには臨時駐車場がありそちらに車を止めて徒歩10分ほど移動します。

実際桜の近くまで車で行けなくないですが撮影の邪魔になることや駐車スペースがない。民家の近くということなので必ず臨時駐車場に止めることをオススメします。

f:id:Starryheavens:20161123104620j:plain

しだれ桜と天の川

桜の開花時期だと天の川が登ってくる時間が深夜の一時近くになります。また、この時期も夜は寒いので防寒対策をしっかりとしていきましょう。 

関連記事:

blog.livedoor.jp

 

 

野辺山 

神奈川、東京、埼玉などの関東圏から天体観測として訪れる場所として好立地な場所にあります。中央道の小渕沢ICから車で30分で野辺山に着きます。また、野辺山駅という日本一高い所に駅がある場所としてもよく知られています。

また、国立天文台野辺山もあり、天体観測地としても有名な場所です。

野辺山は少し街灯を避けた道に入ると美しい星空を見る事が出来ます。

コンビニや宿なども充実しており、家族や恋人、友達同士で天体観測を行う場所としては非常に最適な所だと思います。

野辺山は大きな道から外れると暗い場所が多いので

f:id:Starryheavens:20161121225047j:plain

冬場はマイナスの気温になるので寒さ対策は確実にしていきましょう…。

それと冬場になると上の写真のようにスキー場の光害があるというデメリットも…。

 関連記事:

blog.livedoor.jp

 

 

御射鹿池

御射鹿池は諏訪ICから長野県道191号を30分程かけて到着することが出来ます。

周りが木々に囲まれているため天体観測としては少し不利な場所だと感じますた。

撮影に関しては、夜空に輝く星が水面に映り込んだりするので撮影していて楽しい場所でした。

また、写真の様に天の川も綺麗に見えるますので撮影地候補としては申し分無い場所です。

f:id:Starryheavens:20161123110815j:plain

関連記事:

blog.livedoor.jp

 

 

 

 

 

しらびそ高原

長野県飯田市の標高1918mの高原で天体観測地としても有名です。

標高が高いのと南アルプスのおかげで関東圏の光害が妨げられるおかげで暗い空が広がっていて星空を見るには最適な環境となっています。

家族などで訪れるならハイランドしらびそに泊まるのがオススメです。

しらびそ高原:http://www.tohyamago.com/kankou/sirabiso/

昼間は雄大な南アルプスの風景を堪能して、夜は天体観測と贅沢三昧ができます。

新緑の時期と秋の紅葉の時期が特にオススメです。見所もたくさんあるのでアクセスが大変な事以外は魅力的な場所だと思っています。

しらびし高原付近は山の中にありますので訪れるときは前もってコンビニエンスストアで食料などを購入しておくのがいいです。

 

f:id:Starryheavens:20161123103309j:plain

ハイランドしらびそから下栗の里へ向かう林道を車で進むと天体観測のメッカのポイントがあります。

こちらの場所は街灯などが無く真っ暗な世界になっています。

上を向くとさんさんと輝く星空を見る事ができますので是非訪れてみてください

(※天体撮影してる人が多数いるので車のライトは到着したらすぐに消す。懐中電灯の光も極力使わないのと赤いライトを使う等のご配慮をお願い致します)

f:id:Starryheavens:20161123103317j:plain

 11月初旬、冬の天の川と冬の明るい星座

注意点としては11月中旬頃から冬期の道路閉鎖されるため事前情報をしっかりと調べてから行きましょう。(長時間かけて行ったのはいいけど閉鎖で入れなかったら泣けますからね…)

 関連記事:

starryheavens.hatenadiary.jp