カメラと星景写真の日々

まだ見ぬ星景写真を求めて

カメラと星景写真の日々

【天体撮影記 第151夜】 長崎県 壱岐島の大浜海水浴場から壱岐乙島灯台と天の川を

【スポンサーリンク】

1. まえがき

天体撮影期第150夜の撮影を終えた後に次の目的地である長崎県壱岐島へと向かいました。

壱岐島長崎県となっていますが、フェリー乗り場は長崎県ではなく佐賀県唐津東港と福岡県の博多港からの出航になります。

今回は壱岐島へはカーフェリーを利用して自家用車で島内の撮影地を探しました。

撮影候補地となっていたのは大浜海水浴場と小島神社になります。

ただ、小島神社は思った以上に光害があったので、最終的には今回の撮影地である大浜海水浴場に決定しました。

九重連山の沓掛山展望所と長崎県壱岐島山口県の角島へ2021年初の夏の天の川を狙って車中泊旅に出かけました。

九州北部は2021年入ってから新月期で天候がいい日と被らず撮影に出掛けられない日々が多く、ブログの更新も少し滞ってしまいました。

一応今回は全ての撮影地において天の川を撮影はできたので(撮れ高については微妙なところですが…)天体撮影期第150夜〜152夜で更新していきたいと思います。

f:id:Starryheavens:20210226052441p:plain
f:id:Starryheavens:20210226052444p:plain

天気図参考は気象庁|過去の天気図より

 

 

天体撮影期第150夜の時よりも高気圧が移動していますが晴れの範囲に入っています。しかし、あいからず西風が強いせいで黄砂+海の潮飛沫?+花粉で霞があるため撮影条件としては非常によくない環境でした。 

 

2. 壱岐島(いきのしま)について

長崎県の離島の一つで、九州と対馬の間にある島で佐賀県東松浦半島から北北西に20kmの玄界灘上にあります。人口は離島にしては多くて13000人ほど

 

壱岐島までのアクセス方法は、博多港から高速船(約65分)とフェリー(約2時間10分)、唐津東からはフェリー(約1時間45分)の所用時間がかかります。

www.kyu-you.co.jp

博多港からのフェリーでは深夜0時や20時の便があるので、仕事終わりにフェリーに乗ってそのまま休日の朝から壱岐島を巡ることもできたりします。深夜の便のフェリーは長距離便しかないと思っていたのでこのダイヤスケジュールは驚きました。

今回は急遽行くことが決まったのでフェリーに車を積んで壱岐島を訪れました。

また、長崎空港から飛行機約30分ほどで行けますが、値段を考えるとフェリーで行くのが一番お得だと思います。

 

 

3. 壱岐島大浜海水浴場から灯台と天の川を

f:id:Starryheavens:20210226055153j:plain

今回も前回に引き続き撮影は昇ってくる天の川構図をメインに撮影しています。

目の前に見える明かりが壱岐乙島灯台になります。丁度その真上あたりに夏の天の川が昇ってきます。ただ、この写真を見てもらえばわかる通り大気が霞んでいて天の川をはっきりと写しとることが出来てません。

また、地平線の光害は唐津市内と玄海町方面の光害だと思われます。唐津市からは距離が離れていないので意外と光害の影響を受けます。

f:id:Starryheavens:20210226055206j:plain

うーんしかし、空が霞んでいるせいか天の川の写りがはっきりしません。目視でも本当にぼやーと見えるぐらいしか天の川が見えなかったので条件としては晴れていても最悪だったかもしれません。

訪れる時期は夏の海水浴場が開いている時とかがいいかもしれませんね。大浜海水浴場めっちゃ海が綺麗でした。

f:id:Starryheavens:20210226055212j:plain

風が強いものの大浜海水浴場あたりは丁度風が遮られているのか波の音を聴きながら撮影していました。

f:id:Starryheavens:20210226055217j:plain

もう少し灯台の近くまで行くことができれば壱岐乙島灯台と夏の天の川の組み合わせを綺麗に撮影できたのですが…。

f:id:Starryheavens:20210226055224j:plain

大浜海水浴場の砂浜は貝殻が砕け散った残骸が堆積した白い砂になります。夜なので目立たないですが白くて本当に綺麗な砂浜です。

f:id:Starryheavens:20210226055230j:plain

だんだんと夜が明けてきて空が白み始めました。

f:id:Starryheavens:20210226055236j:plain

たった1時間ちょいしか夏の天の川を撮影できない時期ですが、この時期の天の川の傾き具合と早朝に向かう空の色づき具合が凄い好きな時期です。

f:id:Starryheavens:20210227164204j:plain

もう少し条件の良い時に撮影したいなーと思ったり、次は夏に訪れたいですね。

4. 壱岐島大浜海水浴場付近の空の暗さについて

f:id:Starryheavens:20210227164449p:plain
(Light pollution map)

数値は0.24と非常に暗いものの、東側は福岡、南側は唐津市、西から北はイカ釣り漁が盛んな時に漁火の影響を受けますので離島の割には空が明るいと感じてしまうかもしれません。

それでも夏の天の川ははっきりと見えるので観光とかで訪れた際に星を眺められる場所だと思います。

5. あとがき+

今年初の離島からの星空撮影になります。九州内で車で比較的に簡単に撮影できるところはだいたい撮影に訪れてしまったので今年は離島メインで攻めていきたいと思っています。

特に昨年コロナの影響で訪れられなかった五島列島や九州南部の離島も行けたらなと思っています。ただ、その分天体撮影記の更新頻度は落ちるかもしれません…。

 


長崎県 壱岐島 大浜海水浴場の夜明けのタイムラプス

Go Pro OSMO actionを購入してタイムラプス撮影で使ってみました。

【国内正規品】DJI OSMO Action アクションカメラ

【国内正規品】DJI OSMO Action アクションカメラ

  • 発売日: 2019/05/17
  • メディア: エレクトロニクス
 

Osmo action初心者にも使いやすく、タイムラプスの設定も楽なので気軽に撮ることができます。R5では8Kのタイムラプス、R6は固定撮影、Osmoは通常のタイムラプス撮影や動画撮影と使い分けていこうと思っています。

動画に関しては、一部カクカクになる部分があるのですがもしかするとマイクロSDカードへの書き込みが間に合ってない可能性が…。(マイクロSDカード側の問題かも)

 

と、あと星空のタイムラプスも撮影したのでそちらもアップしていきたいと思います。

 

6. 勝手に撮影地ランキング

撮影地の環境:☆☆☆☆☆

空の暗さ:☆☆☆☆

大浜海水浴場には駐車場、トイレ、自動販売機が全て揃っているので撮影地の環境としては最高の場所になります。また、砂浜と海が本当に美しいです。昼間にも訪れたのですがこの場所でしばらくのんびりとしていました。

 

成澤広幸の星空撮影地105選 (双葉社スーパームック)

成澤広幸の星空撮影地105選 (双葉社スーパームック)

 

 

7. 使用機材  

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS R6 ボディー EOSR6

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS R6 ボディー EOSR6

  • 発売日: 2020/08/31
  • メディア: Camera
 
CaNn RFレンズ RF15-35mm F2.8 L IS USM ブラック

CaNn RFレンズ RF15-35mm F2.8 L IS USM ブラック

  • 発売日: 2019/09/30
  • メディア: エレクトロニクス
  

 

8. 離島からの天体撮影関連の記事

 

 

starryheavens.hatenadiary.jp

starryheavens.hatenadiary.jp

starryheavens.hatenadiary.jp

starryheavens.hatenadiary.jp

starryheavens.hatenadiary.jp