カメラと星景写真の日々

まだ見ぬ星景写真を求めて

カメラと星景写真の日々

【ヒメボタル撮影記】 静岡県某所でヒメボタルの舞う神社を訪れました。

 

 

前回:

 

starryheavens.hatenadiary.jp

  

静岡県のヒメボタルで有名なところでヒメボタルの発生がピークという情報が入り、週末訪れてきました。ヒメボタルの数は、想像していたよりかは少なかった印象ですが、関東圏で灯籠とヒメボタルの組み合わせを撮れる場所はここぐらいしかないので素晴らしい写真が撮れます。

また、この場所のヒメボタルの活動時間は秩父や岐阜に比べて少し早い22時前からちらほら光り始めてピークは23時頃でした。0時過ぎるとヒメボタルの数が一気に減りました。発生時期は7月の初旬からなので他のヒメボタルの撮影地よりかは遅いイメージです。

作例写真

f:id:Starryheavens:20170713063325j:plain

レンズの画角は85mmを使用して今回少しトリミングしています。

画角は85~100mm程度で若干圧縮効果を出しつつ灯籠とヒメボタルを撮影するのがいいと思います。他にも大勢の写真を撮っている方がいらっしゃるので広角だとどうしても光や三脚とかが入ってしまうんですよね…。広角で撮影するなら早めに来て場所取りも必要かもしれません。また、写真では明るく見えますが実際杉林の中なのでかなり暗いです。なので、夜訪れるとピント合わせがまず上手く行きません。私もこの場所に着いたのが夜だったのでピント合わせは何とかして合わせた状態です。(拡大するとピン甘状態になっていますが…)

それとこの奥に神社があります、そちらでもヒメボタルが出現するので神社×ヒメボタルも狙えます。しかし、圧倒的に数が少ないので相当の枚数を撮る必要性があります。

それと、ヒメボタルのみを撮るなら鳥居付近に家みたいなのがあるのですが、そこの敷地が開放されていまして、奥に進むと多くのヒメボタルがいます。ヒメボタルの撮影のみならこちらに行った方がいいかもしれません。

 

まとめ

関東周辺のヒメボタル撮影だともっとも行きやすいのはこの場所になります。個人的にはヒメボタルの数がやや少ない印象を受けました。ただ、先にも述べたように神社とヒメボタルが撮影出来る場所になりますので撮影環境としてはベストではないかと…! 

最後に、撮影時のお話になるのですがライトはなるべくつけないで、つけるときは赤いライトでお願いします。