カメラと星景写真の日々

星景写真をメインに旅先や離島での写真なども紹介。時たま購入機材の紹介も

【天体撮影記 第23夜】 岐阜県 大平御嶽展望台から御嶽山と天の川 そして、美しい桜と神社とリフレクションが撮影できる岐阜県朝日町のしだれ桜を訪れました。

前回↓

starryheavens.hatenadiary.jp

 

GW天体撮影紀行第4弾は岐阜県 大平御嶽展望台からの御嶽山と天の川の撮影になります。

前回の愛知県 渥美半島からの天体撮影を終えた後に移動してSAで仮眠を取り岐阜県に入りました。

岐阜県に向かった目的としては、朝日町の桜撮影(この記事最後に記載)をする為でしたが、夜間に天体撮影が出来るところがないかを探したところ大平御嶽展望台という場所が良さそうだったので真夜中の山道の中をぐいぐい進みながら現地へと向かいました。

途中初めて野うさぎを見たりして楽しい真夜中山道ドライブ!(実際は結構恐いです)

GPVの天気予報では、今夜は1晩中晴れ渡る予報になっていまして、期待を胸に現地に到着して、車から降りるとそこには昨日と変わらずの満点の星空が広がっていました。

大平御嶽展望台はGW中に訪れた天体撮影の場所の中では最も暗い空で、これまで訪れた中でも暗さがトップ3に入れてもいいんじゃないかと思うぐらい暗い空が広がっていました。

もちろん、展望台周りには光害の原因となる街灯や自動販売機などはなく、あるとすれば遥か彼方の街明かりの光が薄らとみえるレベルでした。標高もあるため、平地よりも空気が澄んでいて見える星の数も段違いで多いです。

それに大平御嶽展望台は非常に行きにくいので途中オープンカーの車で来て星を見てた人いがいは誰も訪れなく、静寂の世界の中で撮影出来ました。GW中で、ここまで人がいないのは結構驚きを隠せなかったです。

作例写真

f:id:Starryheavens:20170509224734j:plain

御嶽山と天の川」

到着時刻は深夜の23時過ぎで、天の川を肉眼で確認して急いでカメラと三脚をセッティング撮影に移りました。

まずは、一枚目ですがこちらは赤道儀を使用せずに露出時間25秒、ISO4000、f/2.8で撮影した写真になります。

空が暗いとこの露出時間でも天の川がきっちり写ってくれますし、後の現像段階も楽になります。

夜の撮影では静かでとても美しい山稜の御嶽山ですが、2014年の9月27日に噴火下山で58名もの登山者らが亡くなった山になります。現在も行方不明者が5人あの山に眠っています。

火山噴火の間はこの展望台からも噴火が確認出来たそうですが、現在では火山活動は収まっているので噴煙等は見れません。

f:id:Starryheavens:20170509223904j:plain

2時近くになると天の川はだいぶ高度をましていきます。

こちらの写真は赤道儀ポラリエを用いた写真になります。

レンズは「シグマ 20mm F1.4 DG HSM Art 015」で露出時間は45秒、ISOは3200になります。シグマの20mmは開放F1.4で使うと流石に周辺部ではサジタルコマフレアが発生しますがそれでも解像度が非常に高く使いやすく天の川を撮影するには最適のレンズになっていますのでオススメです。

SIGMA 短焦点広角レンズ Art 20mm F1.4 DG HSM キヤノン用 フルサイズ対応

SIGMA 短焦点広角レンズ Art 20mm F1.4 DG HSM キヤノン用 フルサイズ対応

 

 

構図としては上記の二枚意外はあまり良いのが撮れませんでした。

それ以外の構図は環境的に作りにくかったイメージでした。(後方には樹木が生い茂っていたために。ただ、北極星は見えるので赤道着などの極軸合わせは可能です。)

 

ただ、空の暗さはしらびそ高原などの天体撮影のメッカより暗いと思ったので是非立ち寄れる機会があれば訪れてみてください・

 

ちなみに、前日の深夜まで撮影した後車中泊して睡眠時間をあまり取ってなかったためか深夜の1時あたりには酷い睡魔が襲ってきてその日は夜早くにリタイヤしてしまいました...。(あまりに綺麗な星空だったのでもうちょい眺めていたかったのですが)

同行者にも申し訳ないことをしました。この場を借りて謝罪を...

 

大平御嶽展望台地図

 

おまけ ~朝日町のしだれ桜と神社~

 岐阜県の朝日町には、多くのしだれ桜が点在しています。桜の開花時期も4月下旬と地域より遅めになっています。

偶然ネットで岐阜の桜を調べていた所この場所がヒットしました。神社としだれ桜と田んぼのリフレクションと色々な要素が詰まった場所で写真を撮る人としてはなかなかよだれがしたたる場所ではないでしょうか?

この場所を見た時は絶対に行きたいと思ってしまいました。そして、速攻現地に行ってしまいました笑

 

作例写真 夜

f:id:Starryheavens:20170520140434j:plain

f:id:Starryheavens:20170520140343j:plain

 GW始まった最初の週に訪れたのですが撮影してる人は数人と意外と少なかったです。理由としては満開じゃなかったのと高山市内でお祭りがやっていたためだと撮影されている方に教えてもらいました。綺麗な風景のなか静かに撮影出来たのでとても満足でした。

ライトアップは4月20日程度から始まって夜の21時ぐらいまでやっているそうです。

ライトが付けられてからも綺麗ですが夕暮れ模様と桜と田んぼのリフレクションはとても美しい光景でしたので、撮影にいくなら夕暮れ間近がオススメですね。

それと、車を停められるところがほとんどないので注意してください。

 

写真の場所は岐阜県高山市から車で40分程度の場所にありますので、高山市で観光を楽しんだ後に朝日町の桜へと向かうことも可能です。長野方面に帰る場合は、朝日町を通って木曽街道で伊那市に抜ける事ができるのでコースとしては、高山で観光→朝日町の桜を観光→木曽街道で御嶽山などを見て帰ることができます。

 

次回↓

 

starryheavens.hatenadiary.jp

 

Vixen ポータブル赤道儀 星空雲台ポラリエ(WT) ホワイト 355051

Vixen ポータブル赤道儀 星空雲台ポラリエ(WT) ホワイト 355051

 
SIGMA 短焦点広角レンズ Art 20mm F1.4 DG HSM キヤノン用 フルサイズ対応

SIGMA 短焦点広角レンズ Art 20mm F1.4 DG HSM キヤノン用 フルサイズ対応