読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと星景写真の日々

星景写真をメインに旅先や離島での写真なども紹介。時たま購入機材の紹介も

【天体写真】 千葉県へ海の向こうに登る天の川を求めて

starryheavens.hatenadiary.jp

 

原岡海岸での撮影を終えた後に千葉県の外房へ向かいました。

目的は、深夜2時以降に登ってくる夏の天の川です。

これまでの夏の天の川撮影最短記録は、3月の初旬だったので2月での夏の天の川撮影は初めてとなります。

天気予報やGPVを見ていた所やや不安な空模様が広がっていましたが現地に到着すると見事な星空が見えていました。

ここ最近星空の観測地&撮影地として有名になっている千葉県は、海側の光害の影響が少なく天の川も見えるレベルです。

ちなみに星空撮影で有名な富士山周辺よりも綺麗に見え時もあります。そのぐらい千葉の空は暗いです。

 

久しぶりの夏の天の川を

現地に着いて少し仮眠を取ってからの撮影でした。

深夜の3時過ぎには見事な夏の天の川が姿を現してくれました。この時期の海沿いでの観測は空気の澄み具合が微妙ですがそれでも天の川の美しい姿を久しぶりに拝むことができてテンションが上がっていました。

f:id:Starryheavens:20170301223217j:plain

↑「夏の大三角形と夏の天の川」

f:id:Starryheavens:20170301223236j:plain↑「夏の天の川と自撮り」

f:id:Starryheavens:20170301223309j:plain

曙の空に消え行く天の川

春は夏の天の川が撮影出来る時間はわずかに2時間ほどの短い時間ですがこの時期しか撮影できない横たわる天の川を撮影出来るチャンスでもあります。

特に薄明の空に浮かぶ天の川は儚くて本当に綺麗です。

また、この時期の撮影の醍醐味は星空撮影のあとそのまま朝焼けの撮影に写れるということですね。(だいたい眠くなって帰る事が多いですが笑)

 

これからの時期夏の天の川との組み合わせで撮影したい被写体が多くあるので月明かりのない休みの日は必ず出掛けたいです。

特に桜と夏の天の川は結構候補があるので楽しみです。

そして、夏の天の川の構図は綺麗なんですがありきたりな写真になってしまうので結構難しいですよね…。

 

過去記事

 

starryheavens.hatenadiary.jp

次↓

 

starryheavens.hatenadiary.jp

 

 

使用機材

EOS 6D改+EF8-15mm F4LUSM,TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD