カメラと星景写真の日々

星景写真をメインに旅先や離島での写真なども紹介。時たま購入機材の紹介も

【天体撮影記 第2夜】 伊豆諸島4島目 神津島からの天の川を求めて +神津島の天体観測スポット紹介

 

8月の初めの週に伊豆諸島の一つである神津島へ天体撮影に行ってきました。

初めに神津島で撮影などでお世話になりましたaki141(@IshiiLeo)さんと(@milk_tomo)さんには本当に感謝でいっぱいです。ありがとうございました。

 

伊豆諸島はこれまで八丈島、新島、式根島で天の川撮影をしてきました。

撮影記録についてはライブドアブログに詳細をまとめています。

blog.livedoor.jp

blog.livedoor.jp

blog.livedoor.jp

 

そして、今回は伊豆諸島4島目になる神津島を訪れ天体写真を撮って来ました。

台風5号が発生していて迫ってきている中で天候的に星空は見えるか見えないかの瀬戸際でしたが、台風のコースがずれたことにより神津島では快晴の中でとても美しい星空を見る事が出来ました。

天体写真と観測場所

それでは今回撮影した写真の紹介と天体撮影場所を紹介します!

ありま展望台からの夏の天の川 

f:id:Starryheavens:20160809225933j:plain

ありま展望台から夏の天の川と十字架そして、灯台の写真になります。

左手に見えるのがじゅりあの十字架、右手の光が灯台の光です。

神津島×天の川の撮影情報はネット上でも非常に少なく撮影地に悩みましたが昼のロケハンを行ったところこのありま展望台から上記の組み合わせを撮影できました。

 

ありま展望台からは、ほぼ全方角を見る事ができます。また、夏の天の川が見える方角は光害が無いに等しいので肉眼でも濃い天の川が見られます。

 

赤崎遊歩道からの天の川

f:id:Starryheavens:20160809230807j:plain

赤崎遊歩道は昼間には海水浴客で賑やかですが夜になると街灯類がないのでこの場所からも非常に綺麗な星空を見る事が出来ます。

オススメは岩の上に設置されている展望台で、登ると全方位の星空を見れるのと木製のデッキなので寝転びながら星空を見ることができます。

また、赤崎遊歩道では夜光虫も出るので運がよければ夜光虫×天の川という贅沢な世界を味わうことが出来ます。

海沿いなので夜間の観測や撮影は足下に十分に気をつけて行ってください

 

三浦湾展望台からの天の川

f:id:Starryheavens:20160809231204j:plain

 

三浦湾展望台からは昼間では三宅島など観望することが出来ますが、こちらも夜になると島の中でもかなり綺麗に天の川が見れます。

その理由としては海沿いに面しており街灯類がほとんどないこと、あるとしても遠くに見える三宅島や八丈島の光害ぐらいですがその影響は全くありません。

三浦湾展望台はベンチみたいな石があり、そこで座りながら夏の天の川をずっと見ていました。あまりに美しかったので時間を忘れてしまうぐらいでした。

 

神津島空港近くの広場からの天の川

f:id:Starryheavens:20160809230649j:plain

家族で訪れるならこの場所が間違いなく一番です。近くに空港がありますが、そこの明かりさえ避ければ美しい天の川を見る事が出来ます。また、こちらも全方位に星空を見れるので流星群観測に最適の場所ではないかと思います。

広場は芝生になりレジャーシートなどを持って行って寝転びながら星を見てみましょう。 

以上、神津島天体観測スポットをまとめてみました。 

 

神津島本当に綺麗な星空が見れるのでこちらも観光業としてアピールしていくべきだと思います。あと、夜間にレンタカー等が借りられないので代わり7,8月の20時から22時まで紹介した天体観測スポットを巡るツアーでもあれば良いですね。

7,8月なら日が暮れた後すぐに天の川は見れますし。